今からネット副業を始めるなら

NO IMAGE

正社員として勤務しながら、週末等に固めて別の仕事をして副収入を得るということが、トレンドになっていたころがありました。会社に勤務している時間とは別に、自分の特技を利用して給料とは別の収入を得る方法です。週末に限らず、正社員としての拘束時間が毎日、定時で終了するならば、それ以降の時間を副業にあてるというやり方も多く見られます。若い女性で、接客が苦痛でなく、美しい人が、会社務めでOLをしながら、夜はクラブに勤務してホステスをするのはその典型的な例でしょう。ただ、この場合は副業で稼ぐ金額が昼間の正業を超えてしまうことがあり、いわゆる本業にプラスして収入を得るための副業という括りからは外れてしまいますが・・・いずれにしても、一般企業に勤務していると、「副業禁止」という約束事が大きくのしかかり、本業以外の副業というと、グレ-な印象がぬぐい切れない時代がずっと続いていました。ところが、副業は違法という法的な縛りが緩和されるようになってきました。公務員は別として、一般企業が会社定款、就業規則に「副業禁止」という項目を記載しないように変わってきたのです。すべての企業が「副業OK」ということになったわけではありませんが、こそこそと副業するという空気感はほぼ無くなりつつあります。そういう意味では、今は副業を開始するのには、良い時機到来といえるでしょう。

一方、ネットでしっかり稼ぎ、副業で月5万円以上の収入を手に入れるということも、確実に広まりつつあります。インターネット上には収入を得られる数々のWEB情報があります。会員登録をすれば誰でも無料で使え、スマホだけでもすぐに始められるのが、最大の利点です。リアルの世界での副業は、時間の切り売り的な側面がありますから、確実に現金収入が発生しますが、始めるのにそれなりの手間暇がかかりますし、得た収入に対しては、正業の給与に加算されるのでそれなりの税金が徴収されます。扶養家族の枠に該当している人は、そのことも気にする必要が発生します。ネット副業は一部例外もありますが初期費用がかからないですし、税金対策の件に関しても、混とんとしたところがあるので神経質になる必要がありません。ともかく、すぐに始められる、今始められるというのが魅力です。

本業等て゜スキルのある人は、クラウドソーシングサイトで稼ぐのがよいでしょう。クラウドソーシングサイトとは、仕事をしてもらいたい側が業務内容やスキル、収入や納期などの条件面を提示し、応募者と契約するシステムのマッチングサイトです。スキルがない、いわゆる普通の人は、ネット副業としては、ポイントサイトというのが入りやすいといえるでしょう。またフリマやオークションで稼ぐというのも、始めやすいといえるでしょう。インターネット上でフリーマーケットやオークションを運営しているサイトを利用して、不用品を売って収入を得ている人が沢山います。アフィリエイトを開始するのも、ネット副業の王道でしょう。ただアフィリエイトは、成果が出るまでに相当な時間がかかりますので、それなりの覚悟が必要ではあります。